オーリスタットの効果と正しい服用の仕方

チョコレートやケーキなどの甘くて脂肪分がたっぷりのお菓子や焼き肉、からあげなど脂っぽい食事など、脂肪分が多いと分かっていても、ダイエットしなくてはと思っていてもやめられないものがある人に、オーリスタットが注目されています。
ダイエットをしているのに、段々体重が減らなくなってきている停滞期や体重維持をしたい人のカロリー管理に利用すると効果的と言われている薬ですが、脂肪分の3割程度を体外に排出することができるため、ダイエットをしながら併用するときにも効果が期待できると評判になっています。
オーリスタットは、体重を減らす薬ではなく、食べた物の中の脂肪分を3割ほどカットする効果が期待できる薬です。
たくさん食べても痩せるということや飲んだだけで痩せるというわけではないので、ダイエットを効果的に進めたり、ストレスがたまりすぎないように好きな物を食べるときに、量に気をつけながらオーリスタットを服用することがおすすめです。
また、体重管理をするために、食事量に気をつけながら、服用するときにも良いと言われているので、ダイエット後のリバウンド対策としても注目されています。
副作用がなく、安全性が高い薬ですが、食事に含まれている脂肪分が、分解されずに体外に排出されるため、下痢になりやすく、でてしまうこともあるため、注意が必要なところがあります。
服用の仕方は簡単で、食事の直前や食事中、食後一時間以内に飲むと効果的と言われています。
病院でも処方されることがありますが、比較的高価なので、お得に手に入れるために、個人輸入の通販で、まとめ買いをする人が増えてきています。
海外で、大変人気がある薬で、モデルの体重管理に良く使われているようです。

オーリスタットを使うときに注意すべきこと

食事制限や運動せずとも服用するだけでも痩せる事が出来るオーリスタットはアメリカで人気の肥満治療薬であり、日本でもテレビなどで取り上げられたことから肥満に悩んでいる人たちの間で注目されている薬です。
痩せたい人にとってはありがたい薬なのですが、もしオーリスタットを利用する場合は薬であるために副作用については注意しなければならないです。
まず、ごくまれにですが目のかすみ、皮膚の変色などの身体の異常が現れる事があるので、万が一身体に異常を感じた場合はすぐに服用するのを止めて医師に相談するようにすべきです。
また、オーリスタットの性質上、脂質の吸収を阻害する役割があるので、脂溶性のビタミン類の吸収まで阻害してしまう事も気をつける必要があります。
これについては日本の厚労省に当たるアメリカのFDAでも注意喚起が行われていて、オーリスタットを服用する場合はこれら脂溶性のビタミンをサプリメントなどで補うようにした方が良いです。
脂溶性ビタミンとしてはビタミンAやビタミンD、ビタミンKなどがあります。
ただし、不足している脂溶性ビタミンをサプリメントなどで補おうとする際には過剰摂取には気をつけて下さい。
脂溶性ビタミンは体内に貯蔵されて蓄積されるので、過剰摂取をした場合に副作用が起きる場合もあります。
普段の食事では過剰摂取を気にする必要はないですが、吸収されにくいからと言って摂取量が過剰になり過ぎるとそれによる副作用に悩まされてしまう可能性もあります。
よほどの量を摂取しすぎなければ気にする必要は無いですが、不足しがちであるからたくさん摂取した方が良いのではないかと大量に摂取しようとするような事はしないようにして下さい。

オーリスタットはどこで手に入る?

オーリスタットは医薬品成分で、配合された医薬品を肥満治療薬として処方されています。
ジェネリック医薬品なども販売されていますが、主に有名なのはテレビでも紹介された先発医薬品となるゼニカルでしょう。
日本ではオーリスタットの安全性は確認されておらず、未認可となっているため一般的には処方されていません。
しかし、一部の美容外科などでは肥満治療のために処方されることがあるため、医師の診察を受けて、肥満であると診断されれば購入することも可能です。
ただし、薬価未収載の治療薬であることから健康保険は利用できず、自由診療として全額実費での支払いとなるため、国内で購入するには症状や費用の面から困難と言えます。
オーリスタットを含む医薬品は日本では認められていませんが、アメリカのFDAを中心に世界各国で認可を受け、肥満治療薬として処方されているため、世界中で流通しています。
そのため、個人輸入代行サイトを利用したネット通販では購入することが可能なので、病院に行くこともなく、処方箋を出してもらう必要のない個人輸入での購入が最も手軽な方法となっています。
また、ゼニカルが日本では有名ですが、同じ有効成分となるオーリスタットを使用したジェネリック医薬品も販売されているので、価格や口コミによる効果で比較して、安いものを選ぶのも良いでしょう。
注意点としては、個人輸入による購入は処方箋が必要ない代わりに、副作用などが起こっても誰も保証してくれない点です。
全てが自己責任となるので、ダイエットのためといって用法用量を守らずに服用すると、思わぬ副作用で重篤な症状があらわれる可能性もあるため、使用には十分に注意しなくてはいけません。